遺伝子は一生変わらないので検査は単発

遺伝子を検査するというと少々オーバーな気もするが、ビューティーの縁側は遺伝子から。添付の綿棒のような採取棒で、ほっぺたの内をこすり細胞を付着させるだけといたって簡素。疼痛もまったく乏しい。営みをマークシートに記入し返送すれば、約2~3週間で各自に合ったダイエット手法等の指針がとどく。

同社広告担当の金子ちゃんに話を聞くと、多くの邦人の肥満種類遺伝子から頷けるマンネリは大きく分けて3群れあるという。「洋無しジャンルは『脂質落ち着き』リンゴジャンルは『糖分落ち着き』、バナナジャンルは『タンパク質プラス』な食事がお勧め。遺伝子ジャンルダイエット群れごとに、両者気をつけるべき食事や効果的な活動、おすすめの栄養剤などが異なります。自分のマンネリにあった効率的なダイエット手法をアドバイスさせていただきます」

さて、遺伝子の結果が出るまで遠距離恋愛で会えない主人を待つかのような2ウィーク。ウェイティングに待った私の遺伝子ジャンルダイエット群れは「洋なしジャンル」だった。「負荷が貯まると年中食べたくなる」特徴。

「肥える時はヒップ、大腿から」「体温が安く皮下脂肪を貯め込む」などという、耳をふさぎたく達するような手強いマンネリだった。

「肉やフライアイス、お菓子などの脂肪分の多いフードをたしなむ」「飯があやふやになったり、寝る前に摂る事件あるようですね」など、会ったこともないのに、食事までバッチリ指摘され撃沈……DHCの遺伝子検査、恐るべし。

「偽造のシルエットと遺伝子ジャンルダイエット群れは比例するかのように思いがちですが、実は比例はしません。そのため、『検査果実レポート』を見て、驚かれるクライアントも多いんです」(金子ちゃん)。私は脂質で太りやすい群れの「洋無しジャンル」であるくせに、自己流で「飯を減らすから」と、クリームたっぷりのデザートは気にせず摂取。痩せないはずだ。

「DHCパーソナル・カルテ」では、脂質を減らすための間食、お酒のとりヤツなどメニュー材料の決め方から、処方箋、取るプロセスなど、遺伝子ジャンルダイエット群れごとに、その人のマンネリに合わせた細かい指針が提供される。過度なダイエットは不能でも、私の場合は間食を和菓子に変えたり、お酒は酎高に、召し上がる等級のプロセスを変更するだけで、不能せずダイエットに取り組める。

何よりもありがたいのは活動嫌いな私でもできる簡単なストレッチ・筋トレの手法を教えてくれる事件。希望者には自分のマンネリにあった栄養素を効率よく摂取できるオーダーメードキモチの同キット反応ジャンルの栄養剤や、フォローメニューなどの対応もあり、本気のダイエットが行える。弛んだ肌にもっちりジェルが最適